ベイザーは超音波を用いて脂肪吸引|憧れの曲線美をゲット

ウエスト

脂肪吸引手術の種類

肥満体型

手術のタイプ

美容外科クリニックでは、切る脂肪吸引と切らない脂肪吸引ができます。切る脂肪吸引はもっとも高いダイエット効果があります。無駄な脂肪がついている部分だけを狙って、カニューレという吸引管を挿入して脂肪細胞を吸い取り、取り除きます。人間の体の中にある脂肪細胞の数は決まっているので、取り除いた分だけダイエット効果が続きます。切らない脂肪吸引には、赤外線やレーザーなどを照射して脂肪細胞を溶かしたり、メソセラピーという特殊な薬液を注射するなどの痩身術があります。本格的な脂肪吸引よりも取り除ける脂肪量は少なくなりますが、手術痕が残らない、ダウンタイムがない、アフターケアがいらないという手軽さが魅力となっています。

人気の最新脂肪吸引

最近は「ベイザー脂肪吸引」が主流になっています。ベイザー脂肪吸引とは、ベイザー波を照射してからカニューレで脂肪を吸引する手術です。ベイザー波を照射すると、患部にある脂肪細胞を周辺にある神経や血管などから引きはがし、バラバラにすることができます。そうすると何もしないで吸引するよりも出血や痛みが少なく、混じりっ気のない脂肪が取れます。普通の脂肪吸引よりもムラなく脂肪を取り除けるシステムになっています。ベイザー脂肪吸引は脂肪の取りムラがなく、皮膚を引き締めながら脂肪を取り除く手術なので、アフターケアも楽ちんです。普通の脂肪吸引よりも回復力が早く、デスクワークなどの軽い仕事であれば翌日からでもできます。